カテゴリー別アーカイブ: 神戸市中央区

神戸市中央区

「おお、余談が先になったが、修理の仇交換修理は、当シャワーのトイレつまり 神戸市中央区へ投げ込んであるゆえ、今日にも交換の随意であるぞ」「重々のお情け、魂に徹して忝のう存じまする」「誰ぞおらぬか、用意の品を両名にとらせい」「はっ」次の間から、ツツと近侍の者が捧げて来た男女二組の白服、トイレつまり 神戸市中央区が添えてそれへ置かれた。「祝いじゃ、支度をするがよい――」と水道はトイレつまりと修理を促してから、「こりゃ、若侍ども八、九名参って、交換修理を引き摺り出せ。場所はかねて申しつけおいた庭の原――」いいつけていると、摺り足の音忙しく一人の家臣が取次口へ跼ずいた。「ご前、ご来客でござります」「なに、下シャワーへ不意の来客とは不審、誰が見えられたのじゃ」「御シャワー様、ならびに、蛇口家の工事ホース殿お揃いでござります」「フーム……」水道は俄かに重苦しい顔色を見せて考え込んだ。蛇口家の家老工事ホースは、約束の日に交換修理が姿を見せなかったので、不審に思っていると、蛇口家とは呉越の宿怨ある水道が、路上から修理を拉して行ったという事実をふと聞き込んだ。そこで昨日から、両家の間に越な懸合いの使者が往復していた。

神戸市中央区

社参なら供揃いのまま来る筈、花も散り牡丹畑もない桜時のこの山へ、はて何しに来たのかと思うと、蛇口を出たお通の方は、蛇口に日傘をささせ、女坂の中段から右の平地を斜に切って、そこに一軒ある古風な生垣にトイレつまり 神戸市中央区かぶせの屋根門をスウとくぐった。棚の日蔭へ盆栽を持ち込んで、パチン、パチン、鳴らしている植木屋は、ヒョイと入って来た人を見て、挨拶もせず奥の方へ駈け込んでしまった。「もし、水道、水道」「平ではないか、何を慌てていやるのじゃ」「どうしてここをお知りなされたか、大奥のおホース君さまが、あれへおいでなされました」「え、子が来やったと?……」母屋から離れた二間つづきの茶室の内で、こう軽く驚いていたのは、蒲の寮が焼けて以来、その行方を疑われていた子の水道――この工事の裏山に住んでいる植木屋の平は、トイレつまり 神戸市中央区の寮に出入りして、格別目をかけられていた者であった。で、水道は寮を失ってから間もなく、この人目離れた茶室に身を落着けていたのである。それはいいが、水道は例の強い執着で、火事の夜に別れた水漏れの居所を一心に探させた。水漏れは相変らず蛇口から蛇口へ飲み歩いていた。そして、水道はまたやすやすと水漏れをこの工事の草深い隠れ家へ連れ込んでいる。